中古車は寿命が短い?

新車と比較をすると短いのは事実

中古車は安くてもすぐに寿命がきてしまうのではないかと、心配する人も多いのではないでしょうか。それでは中古車の寿命は本当に短いのかということですが、新車と比較をすれば短いのは事実です。これは当たり前の話であり新車であれば10年持つ車がすでに5年乗られているとすれば、必然的に残りの寿命は5年しか残っていませんから短いというのは間違っていません。しかし、中古車だから極端に寿命が短いということもないので、メンテナンスがしっかりされている車さえ選べば、あとどれぐらい乗ることができるのかは十分に計算をすることができます。中古車の寿命を考えるのであれば、どれだけ乗るつもりなのかメンテナンスにいくら費やせるのかが一番のポイントになります。

寿命はメンテナンスで決まる

単純な比較をすれば中古車の寿命は新車よりも短いのは当然ですが、実際の寿命というのはメンテナンスの状況によって変わります。大事に扱っている車であれば10年でも20年でも乗ることができますが、新車で購入をしても適切な整備を怠っていれば10年も持たないこともあります。車の寿命を考える上で一番重要なのはいかにメンテナンスをしているかになるのです。そもそも、車というのは非常に頑丈にできていますから、悪い部分を早い段階で直しておけばすぐに壊れてしまうということはありません。どれだけメンテナンスにお金をかけれるかにもよりますが、長く乗り続けようと思えばそれほど難しいものではないのです。よってある程度お金をかけるつもりなら、中古車の寿命を心配する必要はありません。