中古車は費用対効果が良い?

なぜ中古車は費用対効果がよいのか

クルマは維持するのにお金がかかり、生涯における維持費用は住宅に次ぐとも言われています。そのためクルマにかける費用を抑えるために中古車の購入を検討する人が増えているのです。中古車は新車より古く、走行距離が多いのは当たり前ですが、それらを考慮しても費用対効果に優れています。例えばディーラーの展示車や試乗車など、ほとんど乗られていない新古車は新車よりもかなり安くなります。これは新車に極めて近い中古車であり、走行距離は1,000km未満の車両が多いです。中古車は高級車になるほど費用対効果が上がると言われており、これは新車価格よりも圧倒的に安くなるからです。例えば1,000万円の高級車が中古になると、100万円未満になるケースがあります。

年間の走行距離が大きく関係してくる

一般的に中古車は費用対効果に優れていますが、走行距離によってはデメリットのほうが大きくなる可能性があります。最近のクルマは燃費がよいのが特徴で、逆に古いクルマほど悪くなります。年間の走行距離が少ないなら中古車を購入するメリットは大きいですが、逆に走行距離が年間数万kmといった方はデメリットになる可能性があるのです。

例えば街乗りをメインにするならば、中古の高級車は費用対効果に優れています。新車の軽自動車の半額未満で変えるクルマは少なくありません。ただし走行距離が多くなると、排気量が大きいクルマほど燃費が悪くなるので、費用対効果は下がってしまいます。乗り方によって中古車を購入して得をする人、損をする人にわかれるのです。